コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレイジャディーニョ Aleijadinho

1件 の用語解説(アレイジャディーニョの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アレイジャディーニョ【Aleijadinho】

1738‐1814
植民地時代ブラジル最大の彫刻家,建築家。本名はリズボアAntonio Francisco Lisboaポルトガル人建築家マヌエル黒人奴隷との間に生まれた。1777年に病気で身障者となり,〈アレイジャディーニョ(小さなかたわ者)〉と呼ばれた。18世紀に栄えたミナス・ジェライス州の主都オウロ・プレトを中心にポルトガル本国の後期バロック様式をさらに洗練させた建築と力にあふれた彩色装飾彫刻で活動。聖フランシスコ・デ・アシス(1766着工,オウロ・プレト)や,ボン・ジェズス・デ・マトジーニョス聖堂(1795,コンゴーニャス・ド・カンポ)とそこにあるロココ的な6群の〈十字架への道〉の木造彩色群像(1796‐99),とくに聖堂前に配された12人の石造預言者像(1800‐05)などは時代様式を超えた重厚な表現を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アレイジャディーニョの関連キーワードウルグアイケープ植民地サルバドルパラナグアプエブラブラジルナッツアーリーアメリカン半植民地サルバドール

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone