コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本 さかもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂本
さかもと

熊本県中南部,八代市南西部の旧村域。球磨川下流域,九州山地南端部に広がる。 1961年上松求麻 (かみまつくま) 村,下松求麻村,百済来 (くだらぎ) 村の3村が合体して坂本村が成立。 2005年八代市,千丁町,町,東陽村,村の5市町村と合体して八代市となった。林業がおもで製糸工場がある。第2次世界大戦球磨川開発が急速に進み,荒瀬ダムが完成した。

坂本
さかもと

群馬県西部,安中市北西部の旧町域。碓氷峠の東麓にある集落。 1889年町制施行。 1954年松井田町ほか1町3村と合体して松井田町となり,2006年安中市と合体。信越本線の開通まで,中山道の宿場町として栄えた。第2次世界大戦後,国道 18号線が改修されたため碓氷峠越えの車が激増し,坂本には多数のドライブインレストハウスが立ち並んだが,1971年碓氷バイパスが横川から南へ分岐したため,利用者が激減した。

坂本
さかもと

滋賀県南西部,大津市中部の旧村域。比叡山東麓にある。 1889年村制施行。 1951年大津市に編入。平安時代から室町時代にかけて延暦寺の門前町,琵琶湖の要津として栄えたが,織田信長比叡山焼き打ち以後衰え,江戸時代再び門前町として復活。現在も天台宗の宗務庁,延暦寺の各里坊,日吉大社 (東西本宮の各本殿は国宝,境内は国指定史跡) などがある。山王祭は有名。湖岸の唐崎の松は「唐崎夜雨」で知られる近江八景の一つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さかもと【坂本】[地名]

滋賀県大津市北部の地名。比叡山(ひえいざん)の登り口で、延暦寺の門前町、琵琶湖の港町として発展。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

坂本【さかもと】

滋賀県大津市,比叡山東麓の集落。延暦寺門前町として発達,多数の寺坊や日吉(ひよし)大社があり,比叡山上へケーブルカーの便がある。琵琶湖岸の下坂本は北国から京都への物資集散地としてにぎわった。
→関連項目近江商人大津[市]馬借一揆比叡山横川関

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

坂本

熊本県八代市にある道の駅。国道219号に沿う。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さかもと【坂本】

比叡山東麓一帯の呼称で,西麓の京都側を西坂本と呼ぶのに対して東坂本と称することもある。およそ現在の滋賀県大津市坂本本町下阪本,唐崎,比叡辻にあたり,古代は近江国滋賀郡大友郷に含まれる。延暦寺創建以前より大山咋(おおやまくい)命と大己貴(おおなむち)命を合祀する日吉社(日吉大社)の鎮座地であったが,良源が18代天台座主に就任する平安中期以降,延暦寺=山門の勢力拡大にともないその膝下領域としての重要性を増していった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さかもと【坂本】

比叡ひえい山の東麓、琵琶湖に臨む地。今、滋賀県大津市の一部。延暦寺・日吉ひよし大社がある。中世以降、門前町、琵琶湖水運の要港として栄えた。

さかもと【坂本】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕坂本(さかもと)


滋賀県大津市にある地区。
旧・坂本村の村域に相当。現在の坂本・坂本本町・下坂本などを含む。比叡(ひえい)山東麓にあり、天台宗総本山延暦(えんりゃく)寺の門前町として栄えた地域。山王総本山の日吉大社(本殿・楼門など国宝・重要文化財多数)、天台真盛宗総本山の西教(さいきょう)寺(本堂、客殿などは国の重要文化財)などがあり、穴太(あのう)積みの石垣などが特徴的な町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の坂本の言及

【大津[市]】より

…1898年市制。1932年滋賀村,33年膳所(ぜぜ)町,石山町,51年坂本村,下阪本村,雄琴(おごと)村,下田上村,大石村,67年堅田町,瀬田町を編入。人口27万6332(1995)。…

【問丸】より

…京都への入口の淀津では塩および塩魚の問丸の同業組合である〈淀魚市問丸中〉が,鎌倉末期すでに塩,塩魚の着岸強制権と購入独占権をもっていたが,これは塩に対する関所の課税徴収権を請け負ったことにもとづくものである。近江坂本には美濃,飛驒から坂本に着津する材木に対する〈筒柾諸材木問丸職〉があり,その権利が売買されていた。これも材木に対する課税徴収の請負権が拡大して,材木の専売権になったものであろう。…

【馬借一揆】より

土一揆(つちいつき)の先頭を切った行動として注目されているが,元来山門の強(嗷)訴(ごうそ)の一環として登場した事件である。1379年(天授5∥康暦1)6月,近江坂本の馬借1000余人が京の祇園社に討ち入ったというのが初見で(八坂神社〈社家記録〉),山徒(山門の下級僧侶)の一員でありながら幕府と結託して権勢を振るった円明坊と,関のことで争ったことが原因であった。1418年(応永25)には大津の馬借数千人が,やはり祇園社に立てこもって山徒円明坊を攻撃し,米の売買と関について訴えた(《看聞御記》)。…

※「坂本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂本の関連情報