コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンドル-ネフスキー修道院 アレクサンドルネフスキーしゅうどういん

1件 の用語解説(アレクサンドル-ネフスキー修道院の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

アレクサンドルネフスキーしゅうどういん【アレクサンドル-ネフスキー修道院】

ロシアのサンクトペテルブルグにある修道院世界遺産に登録された「サンクトペテルブルグの歴史地区と記念物群」のネフスキー大通り東端に位置し、ロシアの聖人であるアレクサンドルネフスキー公を祀るため、1710年にピョートル大帝によって建造された。建物の中心には黄色に塗られたトロイツキー聖堂があり、祭壇右側の銀の箱には1723年にウラジーミルから移されたアレクサンドル・ネフスキー公らの遺体の一部が収められている。11の教会と4つの墓地があり、入り口右側のチフビン墓地には、作曲家チャイコフスキーや作家ドストエフスキーなどの芸術家が葬られている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレクサンドル-ネフスキー修道院の関連キーワードペテルブルグサンクトペテルブルグペトログラードПетроградアレクサンドルネフスキー大修道院サンクトペテルブルグ要塞ペテルスブルクサンクトペテルブルク交響楽団サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団サンクト・ペテルブルグ大学

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone