遺体(読み)イタイ

デジタル大辞泉の解説

い‐たい〔ヰ‐〕【遺体】

《魂が去って遺(のこ)された身体の意》死んだ人のからだ。なきがら。遺骸(いがい)。「死体」よりも丁寧な言い方。「遺体を安置する」
《父母がこの世に遺した身体の意》自分のからだ。わが身。
「人毎に其の身あることを知りて、父母の―といふことを忘るるが故なり」〈人・閑情末摘花・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いたい【遺体】

死んだ人のからだ。なきがら。遺骸。 「 -を葬る」 〔「死体」に比べて人格性をこめていう〕
父母の残してくれたからだ。自分の身体。 「父母の-といふことを忘るるが故なり/人情本・閑情末摘花」 → 死体(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

い‐たい ヰ‥【遺体】

〘名〙
① 父母が、あとにのこした身体。すなわち、その(父母の)子。ゆいたい。
※三国伝記(1407‐46頃か)一一「緇素(しそ)誰人か親の遺体を崇め不(ざら)ん」
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)九「身は父母の遺体也」 〔礼記‐祭義〕
② 死んだ人のからだ。なきがら。死体。遺骸
※読本・桜姫全伝曙草紙(1805)四「狼犬の遺体(ヰタイ)を損じ」

ゆい‐たい【遺体】

〘名〙 父母が、あとにのこした身体。すなわち、その父母の子。いたい。
※米沢本沙石集(1283)八「このみは父母の遺躰(ユイタヒ)をうけ、又地水火風をかりに集てつくれり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の遺体の言及

【死】より

…(4)職権による死亡記載 所在不明であってすでに100歳に達する高齢者については,戸籍実務上,職権による死亡記載の取扱いがなされることがある(1957年8月1日民甲1358通達)。
[死体をめぐる法手続]
 ある人が死亡すると,財産の帰属問題のほかに,遺体(死体)の世話,管理の面で,遺族あるいは一定の者に,遺体に対して次のいくつかの権利義務が発生する。(1)死亡届 人が死亡した場合には,届出義務者(親族,その他の同居者,家主など)がその事実を知った日から7日以内に,診断書または検案書を添付して,死亡地の市区町村長に届け出なければならない(戸籍法86~93条)。…

※「遺体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遺体の関連情報