アンキラ碑文(読み)アンキラひぶん(英語表記)Monumentum Ancyranum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンキラ碑文
アンキラひぶん
Monumentum Ancyranum

トルコのアンカラ (古代ローマ名アンキラ) にあるイスラム教会堂の壁から発見された碑文紀元 14年頃につくられた。同教会堂はローマ女神とローマ皇帝アウグスツスの神殿であった。 1555年に発見されたものが主要部分で,アウグスツスの生涯と業績がギリシア,ラテン両語で記してある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android