碑文(読み)ひぶん

  • ひもん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 石碑にほりつけた文章。いしぶみ。ひもん。
※霊異記(810‐824)上「雷の落ちし同じ処に彼の墓を作りたまひ、永く碑文の柱を立てて言はく」 〔後漢書‐虚植伝〕
〘名〙 =ひぶん(碑文)〔いろは字(1559)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

碑文の関連情報