アングマクサリク(読み)あんぐまくさりく(英語表記)Angmagssalik

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリーンランド(デンマーク領)南東岸にあるアングマクサリク島南岸の集落。人口2979(2002)。1894年に交易所や伝道所が設けられ、1925年にはグリーンランドで最初の気象観測所が設けられた。1941年、アメリカ合衆国が近くに空軍基地を設けた。

[楠 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android