コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アングロ・アイリッシュ Anglo‐Irish

世界大百科事典 第2版の解説

アングロ・アイリッシュ【Anglo‐Irish】

アイルランド生れのイギリス人を意味する言葉で,名誉革命体制下の18世紀ころから一般に用いられるようになった。彼らはチューダー朝期以降の移住民の子孫で,英国国教会に属し,アイルランド社会の中心勢力であったが,つねに本国生れのイギリス人の統治下におかれていた。名誉革命体制の下で,イギリス市民としての平等な権利を要求し,アイルランド議会に宗主国イギリスの議会と同等の権限を与えるよう主張したW.モリニュクスや哲学者G.バークリー,J.スウィフトなど,著名な思想家が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アングロ・アイリッシュの関連キーワードアイルランド(島)トマス マクダナーアイルランド文学グラタン議会グレゴリーオーモンド

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android