コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権限 けんげん

4件 の用語解説(権限の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

権限
けんげん

通常は一定の行為をなしうる権能をいう。(1) 法律上用いられる場合には,(a) 公法上は,国や地方公共団体の機関が法律上行いうる行為の範囲 (事項,地域によって限定される) をいい,(b) 私法上は,代理人や法人の機関が,法令,契約に基づいて行いうる行為の範囲をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐げん【権限】

国家や公共団体が、法令の規定に基づいて職権を行うことのできる範囲。
代理人法人の機関が、法律または契約に基づいてなしうる権能の範囲。
個人がその立場でもつ権利・権力の範囲。「君にはその権限はない」「権限を越える」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けんげん【権限】

一般に,国・地方公共団体,各種法人の機関または個人の代理人などが,法令または契約上行いうる行為の範囲またはその能力をいう。その用例としては,長の予算提出権限(地方自治法97条2項),国の機関としての都道府県知事の権限(146条1項),代理人の権限(民法110条),管理人の権限(28条)などがある。また,権限の概念は,とくに行政法上は,行政庁が法令上行いうる行為の範囲を意味し,管轄,職権,職務,職責などともいわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

権限の関連情報