コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権限 けんげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

権限
けんげん

通常は一定の行為をなしうる権能をいう。
(1) 法律上用いられる場合には,(a) 公法上は,国や地方公共団体の機関が法律上行いうる行為の範囲 (事項,地域によって限定される) をいい,(b) 私法上は,代理人や法人の機関が,法令,契約に基づいて行いうる行為の範囲をいう。企業における経営管理の点からいえば,職務分担に伴う職責遂行上の権利のこと。企業,部門の目的を効果的に達成するために,命令者の指示するとおりに作業するように従業員に求める命令権などをさす。

(2) 権限の委任 行政庁が法律上定められた自己の権限の一部を他の行政機関に委譲すること。事務の委任ともいう。権限の委任は,法が明示的に認める場合に,その権限の一部に限って行うことができる。また受任機関は,委任された権限を自己の権限として自己の名と責任において行使する。これらの点で,権限の代理や専決・代決と区別される。
(3) 権限の代理 行政庁の権限の全部または一部を他の行政機関が本来の行政庁を代理して行使すること。権限の委任と異なり,対外的には権限の移動は生じず,代理機関は代理者であることを示して権限を行使し,被代理行政庁の行為としての法的効果を生じる。被代理行政庁の授権により代理関係が生じる授権代理と,法定事実の発生により法上当然に代理関係が生じる法定代理とがある。代理権限の範囲は,授権代理の場合には被代理行政庁の権限の一部に限られるのに対し,法定代理の場合にはそのすべてにわたることを原則とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐げん【権限】

国家や公共団体が、法令の規定に基づいて職権を行うことのできる範囲。
代理人法人の機関が、法律または契約に基づいてなしうる権能の範囲。
個人がその立場でもつ権利・権力の範囲。「君にはその権限はない」「権限を越える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けんげん【権限】

一般に,国・地方公共団体,各種法人の機関または個人の代理人などが,法令または契約上行いうる行為の範囲またはその能力をいう。その用例としては,長の予算提出権限(地方自治法97条2項),国の機関としての都道府県知事の権限(146条1項),代理人の権限(民法110条),管理人の権限(28条)などがある。また,権限の概念は,とくに行政法上は,行政庁が法令上行いうる行為の範囲を意味し,管轄,職権,職務,職責などともいわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けんげん【権限】

ある範囲のことを正当に行うことができるものとして与えられている能力。また、その能力が及ぶ範囲。 「強大な-をもつ」 「 -外の事項」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

権限の関連キーワードエマージェンシーパワーサブシディアリティー虚偽文書と偽造文書フィデューシャリースカラーの原則監査役設置会社違憲立法審査権ルートユーザー第五共和制付与・附与状況の法則身分証明書高等弁務官訴訟代理人通商拡大法分権的組織議長警察権行政委員会裁判管轄権集権・分権

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

権限の関連情報