コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチウム Antium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチウム
Antium

古代ローマ,ラチウムの都市。現イタリアのアンツィオウォルスキ人が建設し,前 338年ローマ人が征服,富裕なローマ人の別荘地となり,ガイウス・カエサル (カリグラ) とネロはここで生れた。ネロは港をつくり (59) ,商業の一中心となったが,中世初め頃イスラム人に略奪された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンチウムの関連キーワードウォルスキ方言ファスチコロニアポルキアロストラ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android