コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチウム Antium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチウム
Antium

古代ローマ,ラチウムの都市。現イタリアのアンツィオウォルスキ人が建設し,前 338年ローマ人が征服,富裕なローマ人の別荘地となり,ガイウス・カエサル (カリグラ) とネロはここで生れた。ネロは港をつくり (59) ,商業の一中心となったが,中世初め頃イスラム人に略奪された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンチウムの関連キーワードウォルスキ方言ポルキアコロニアファスチロストラ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android