アンチウム(英語表記)Antium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチウム
Antium

古代ローマ,ラチウムの都市。現イタリアのアンツィオウォルスキ人が建設し,前 338年ローマ人が征服,富裕なローマ人の別荘地となり,ガイウス・カエサル (カリグラ) とネロはここで生れた。ネロは港をつくり (59) ,商業の一中心となったが,中世初め頃イスラム人に略奪された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android