コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチモン鉱物 アンチモンこうぶつ antimony mineral

1件 の用語解説(アンチモン鉱物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アンチモンこうぶつ【アンチモン鉱物 antimony mineral】

アンチモン鉱物としては,輝安鉱stibnite Sb2S3,方安鉱senarmontite Sb2O3,バレンチン鉱valentinite(アンチモン華ともいう)Sb2O3,セルバンタイトcervantite(セルバンテス鉱ともいう)Sb2O4,ケルメサイトkermesite(紅安鉱ともいう)Sb2S2O,黄安鉱stibiconite Sb3O6(OH)などがあるが,アンチモン鉱石として重要なのは輝安鉱のみである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンチモン鉱物の関連キーワードアンチモン輝安鉱ホワイトメタルアンチモニー硬鉛吐酒石アンチモン中毒カール-プライス反応アンチモニー華パチもん

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone