コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫塩鉱物 りゅうえんこうぶつ sulfosalt mineral

1件 の用語解説(硫塩鉱物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうえんこうぶつ【硫塩鉱物 sulfosalt mineral】

広い意味の硫化鉱物の中で,一般式AmBnSp(AはPb,Tl,Cu,Agなどの金属原子,BはAs,SbまたはBiの半金属原子,Sは硫黄)で表すことができるものがある。そのうち硫ヒ鉄鉱FeAsSのように半金属が構造中でSと同じような役割を演ずる場合は狭い意味の硫化鉱物に数えられるが,半金属が金属と似た役割を演じて複塩の形に書ける一群の鉱物を硫塩鉱物と称する。濃紅銀鉱Ag3SbS3,四面銅鉱(Cu,Fe)12Sb4S13,硫ヒ銅鉱Cu3AsS4,車骨鉱PbCuSbS3などがあり,いずれも含有金属の原料鉱物になる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

硫塩鉱物の関連キーワード焙焼硫化水銀青泥広義焙焼炉硫化銀硫化銅分散元素ジャスペロイド

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone