コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンテドラッグ antedrug

大辞林 第三版の解説

アンテドラッグ【antedrug】

投与した部位では強く作用するが、体内に吸収された後は急速に代謝、不活性化することで、全身性の副作用が少なくなるように分子構造を工夫した薬剤。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アンテドラッグの関連キーワードステロイド外用剤の使い方と副作用分子構造副作用体内部位薬剤代謝

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android