アントラキノン顔料(読み)アントラキノンがんりょう(英語表記)anthraquinone pigment

世界大百科事典 第2版の解説

アントラキノンがんりょう【アントラキノン顔料 anthraquinone pigment】

アントラキノンから誘導される高級有機顔料であり,一般的にはアントラキノン誘導建染染料を特殊な顔料化法により顔料としたものが多い。たとえばインダンスレンは著名な青色建染染料であるが,微細な粉体として各種堅牢度の高い優れた高級青色顔料として使用することができる。この種の高級顔料の欠点は着色力がやや低いことである。【新井 吉衛】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android