コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントーノフの反乱 アントーノフのはんらんAntonovshchina

世界大百科事典 第2版の解説

アントーノフのはんらん【アントーノフの反乱 Antonovshchina】

ロシア南西部,中央農業地帯のタンボフ県で1920年夏から21年夏にかけて起こった大規模な反ソビエト農民反乱で,内戦後半期の農民反乱の一つ。アントーノフAleksandr S.Antonov(1888‐1922)は1906年以来のエス・エル党員でこの反乱の指導者。タンボフ県は中央農業地帯のリャザン県,ボルガ中流域のカザン県,ペンザ県とならんで十月革命以前から農民運動の盛んな地域であり,また内戦を通じてきびしい穀物徴発(1918‐21)の行われた所である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアントーノフの反乱の言及

【ロシア革命】より

…赤軍のケルチ解放より10日後には,マフノ軍は〈ソビエト共和国と革命の敵〉と宣言されてしまった。 ソビエト政権は,同じとき,タンボフ県のアントーノフの反乱に苦しめられていた。反乱の指導者アントーノフはエス・エル党員であった。…

※「アントーノフの反乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報