鎮圧(読み)ちんあつ

精選版 日本国語大辞典「鎮圧」の解説

ちん‐あつ【鎮圧】

〘名〙
① おししずめること。特に武力をもっておさえつけること。沈圧。
秘蔵宝鑰(830頃)中「在(ちんアツ)国家済黎元
※明治月刊(1868)〈大阪府編〉三「を三部に分ち、〈国民を鎮圧せん事を謀れり」 〔晉書‐唐彬伝〕
農作業の一つ。耕地をすきかえしたのち、土塊を砕いて細かくし、平らにならして、地面を押さえつけること。普通は種まき前後土壌の状態を均一にして発芽をそろえるために行なわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鎮圧」の解説

ちん‐あつ【鎮圧】

[名](スル)
戦乱や暴動を武力を使ってしずめること。「デモ隊を鎮圧する」
消防で、火災の勢いが弱まり、延焼のおそれがなくなった状態。「火勢鎮圧」→鎮火
耕地をすき起こし、土を砕いて平らにならし、押さえること。また、その作業。
[類語]鎮定平定制圧鎮める平らげる鎮撫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android