兵力(読み)ヘイリョク

  • armed force

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広くは兵員のみならず兵器、軍艦、航空機などの性能や数量から引き出される直接戦闘力をさすが、国際法上は交戦資格を有する人々の集団を意味する。兵力は一般に陸軍、海軍、空軍からなる正規のもののほか、不正規兵をも含みうる。不正規兵としては、従来、民兵および義勇兵団のほか、未占領地域で侵入軍隊に抗敵する群民兵も認められた。最近ではより包括的に、軍隊は部下の行動についてその国に責任を負う指揮の下にあるすべての組織された武装兵力からなるとされ、その国が敵国により承認されていない政府または当局によって代表されている場合も同様である。このような軍隊は、国際人道法の規則の遵守を強制する内部規律制度に服しなければならない。

[藤田久一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 軍隊の力。兵隊・兵器などの総合力。戦闘力。また、国際法上、戦闘に従事できる法的資格を認められる人々の集団。陸軍・海軍・空軍などの正規のものと民兵・義勇兵・群民兵などの非正規のものとがある。
※読史余論(1712)一「彼になびきしたがひしものどもは、ただ其兵力をおそれしが故なり」 〔戦国策‐魏策三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兵力の関連情報