アンナードゥライ(英語表記)Conchēpuram Natarajan Annādurai

世界大百科事典 第2版の解説

アンナードゥライ【Conchēpuram Natarajan Annādurai】

1909‐69
カーマラージと並び称せられる現代南インドの大衆政治家。1949年,地域民族主義政党ドラビダ進歩連盟(DMK)を結成し,ドラビダ人のための南インドを標榜して,反北インド・反バラモン運動を展開。62年下院議員,67年上院議員に選出され,67‐69年はマドラス州首相として活躍,州名をタミル・ナードゥと改称するなどタミル化に努めた。【重松 伸司】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android