コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンナードゥライ Conchēpuram Natarajan Annādurai

世界大百科事典 第2版の解説

アンナードゥライ【Conchēpuram Natarajan Annādurai】

1909‐69
カーマラージと並び称せられる現代南インドの大衆政治家。1949年,地域民族主義政党ドラビダ進歩連盟(DMK)を結成し,ドラビダ人のための南インドを標榜して,反北インド・反バラモン運動を展開。62年下院議員,67年上院議員に選出され,67‐69年はマドラス州首相として活躍,州名をタミル・ナードゥと改称するなどタミル化に努めた。【重松 伸司】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アンナードゥライの関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門伊藤博文グリフィススバルマッキム・ミード&ホワイト安井息軒(やすいそくけん)レオポルド2世父の日ピーター・ドラッカー

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android