展開(読み)テンカイ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

展開

圧縮ソフトウェアでサイズを小さくしたファイルを、元の状態に戻すこと。解凍伸張とも呼ばれる。通常、自己展開型の圧縮ファイルは、ダブルクリックで展開できる。それ以外の圧縮ファイルは、圧縮に使われている圧縮形式に対応した展開ソフトウェアを使用して復元する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てん‐かい【展開】

[名](スル)
広くひろげること。また、広くひろがること。「眼下に展開する平野」
物事をくりひろげること。「大論争を展開する」「華麗なる演技が展開される」
次の段階に進めること。また、次の段階に進むこと。「行き詰まった交渉の展開をはかる」「事件は意外な方向に展開した」
密集していたものを散開させること。また、散開すること。「グラウンドいっぱいに展開して攻撃する」
数学で、単項式多項式、または二つ以上の多項式のの形を、一つの多項式の形に表すこと。例えば、abc)をabacとしたり、(xa)(xb)をx2+(abxabとしたりすること。
立体の面を、長さ・角度などを変えずに平面上に移すこと。多面体などを切り開いて平面上に広げること。
解凍2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

展開【てんかい】

(1)多項式と単項式または多項式との積を,単項式の和として表すこと。たとえば(a+b)2を展開すればa2+2ab+b2となる。一般には関数fを与えられた一組の関数f1,f2,…,f(/n)の一次結合(無限級数になってもよい)としてf=c1f1+c2f2+…+c(/n)f(/n)の形に表すこと。(2)多面体は適当な辺に沿って切り開くと一平面上に広げられる。これを展開といい,得られた平面図形を展開図という。曲面のうち,柱面・錐面・接線曲面線織面)は平面上に伸縮なく展開でき,これを展開曲面または可展面という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

てんかい【展開】

( 名 ) スル
(次々と物事を)繰り広げること。また、広げて事が行われること。 「面白い場面が-する」
(順や筋を追って)発展すること。進展すること。また、発展させること。 「主題を-する」 「多様な外交を-する」
目前に広がりあらわれること。 「目の前に-する大パノラマ」
軍隊で、密集した隊形から、散開した隊形になること。
〘数〙
単項式と多項式の積あるいは多項式と多項式の積の形の式を、分配法則を使って単項式の和の形にすること。
因数分解
一つの関数を級数の形に表すこと。
多面体・柱体・錐体などの表面を切り開いて一平面上に広げること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

展開
てんかい
development

クロマトグラフィーにおいて,溶媒の移動に伴って各成分が分離されること。たとえば,薄層クロマトグラフィーで原点に付着させた試料混合物が溶媒の上昇に伴って各成分に分れて別々のスポットをつくって移動し,さらに溶媒を流し続ければ,各成分がよく分離する。この溶媒の移動に伴う各成分の分離を展開という。

展開
てんかい

(1) expansion 数学で,関数をべき級数など,よく知られた関数の級数で表わすことをいう。 (2) development 立体を切断して平面上に広げることを展開という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

展開の関連情報