コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンピシリン ampicillin

翻訳|ampicillin

栄養・生化学辞典の解説

アンピシリン

 C16H19N3O4S (mw349.41).

 抗生物質の一つ.ペニシリングループの一種で,グラム陽性菌にも陰性菌にも広い抗菌効果を示す.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アンピシリン【ampicillin】

細菌の細胞壁の形成を阻害し、溶菌させるペニシリン系の抗生物質。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアンピシリンの言及

【ペニシリン】より

…その目的としては,(1)ペニシリン耐性菌が増えたが,それがペニシリンをこわす酵素(ペニシリナーゼ)によることがわかり,ペニシリナーゼ抵抗性のものを得る,(2)酸に安定で経口投与可能なものを得る,(3)大腸菌や緑膿菌などにも有効で広範囲抗菌スペクトルをもつものを得る,などである。この目的のために多数の半合成ペニシリンが得られたが,代表的なものに,アンピシリン(酸に安定で経口投与可能な広範囲ペニシリン。ペニシリナーゼでこわされる),ジクロキサシリン(ペニシリナーゼ抵抗性,経口投与可能,グラム陰性杆菌に無効),カルベニシリン(とくに緑膿菌に有効),スルペニシリン(カルベニシリンに似る),メチシリン(ペニシリナーゼ抵抗性)などがある。…

※「アンピシリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンピシリンの関連キーワード劇症型A群溶連菌感染症劇症型溶連菌感染症ヘタシリンカリウムインフルエンザ菌カルベニシリンペニシリン発酵パスツレラ症伝染性単核症プロドラッグ細菌性赤痢プラスミド腸チフス細胞壁溶菌細菌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android