コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンフィシレン頁岩 アンフィシレンけつがん amphisilene shale

1件 の用語解説(アンフィシレン頁岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

アンフィシレン頁岩

研磨用スレートの一種で,珪乳石(menilite)や始新統(Eocene)の魚の痕跡などが含まれる.珪乳石(menilite)とは泥板岩などの中に腎臓状,乳房状などの塊となって産する非結晶質石英の一種で,光沢はなく不透明褐色または灰色のものをいう[Hauer : 1878].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンフィシレン頁岩の関連キーワード石綿スレートスレート葺きマール・スレート珪乳石クレブシーファー鉛筆スレート火山灰スレート屋根用スレート雲母スレートスレート屋根

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone