コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンフィシレン頁岩 アンフィシレンけつがんamphisilene shale

岩石学辞典の解説

アンフィシレン頁岩

研磨用スレートの一種で,珪乳石(menilite)や始新統(Eocene)の魚の痕跡などが含まれる.珪乳石(menilite)とは泥板岩などの中に腎臓状,乳房状などの塊となって産する非結晶質石英の一種で,光沢はなく不透明褐色または灰色のものをいう[Hauer : 1878].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android