コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痕跡 こんせきtrace

翻訳|trace

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

痕跡
こんせき
trace

なんらかの活動の結果として神経系内に残された生理的変化状態狭義には記憶過程に対応して脳内に刻み込まれた構造的または機能的な変化の状態。記憶痕跡に関しては古くからいくつかの仮説があるが,一般には記憶現象を説明するための概念である。最近,生化学的観点からの研究も進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こん‐せき【痕跡】

過去にある事物があったことを示す、あとかた。形跡。「痕跡をとどめない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

痕跡

米国の作家パトリシア・コーンウェルのミステリー小説(2004)。原題Trace》。「検屍官ケイ」シリーズ第13作。

痕跡(あとあと)

桑原裕子の戯曲。2014年8月、劇団KAKUTAにより青山円形劇場にて初演。2015年、第18回鶴屋南北戯曲賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

こんせき【痕跡】

過去に何かがあったことを示すあと。あとかた。 「 -をとどめる」 → 形跡(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

痕跡の関連キーワード痕跡器官消失の法則オリオン座流星群一刀彫り・一刀彫流動化火成角礫岩クリプトゾイックムラムビトイド神経エングラムタクシコニックゴースト層序エスイー片理タフォグリフピークリング形跡・形迹地震考古学跡形も無い跡をつけるエングラム氷晶マークキムラグモ痕跡元素

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

痕跡の関連情報