コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンプテク岩 アンプテクがんumptekite

岩石学辞典の解説

アンプテク岩

細粒から粗粒の組織をもつアルカリ閃長岩で,主にNa-正長石かマイクロパーサイトとアルヴェゾ閃石類からなり,時に少量のエニグマタイト,あるいは黒雲母を伴う.少量のネフェリン,時にカンクリナイトを含むことがある[Ramsay : 1894].この岩石はネフェリン閃長岩の内部周辺相である.コラ(Kola)半島,アンプテク(Umptek)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android