コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コラ コラ

3件 の用語解説(コラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コラ
コラ

南九州の特殊土壌の一つ。細粒の火山噴出物が固結してできた硬い盤層をもつ不良土。主として薩摩半島の南端に分布する。コラ層は掘起したのち空気にさらせば,数年でぼろぼろに風化する。このような固結層をもつ火山灰土壌はほかにもあり,富士山麓のマサもこれに相当する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コラ

鹿児島県南薩地方に分布する固結した玄武岩質の降下スコリア層の俗称。〈甲羅〉が語源といわれ,ヒゴラ,ドップイコラ等の種類がある。約4000年前から活動をはじめた開聞岳の噴出物。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

コラ【kola】

西アフリカの擦弦楽器。巨大なヒョウタンに弦を張ったもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コラの関連キーワード特殊土壌火山噴出物マグマ混合火山灰土壌噴煙火山筒岩頚火山放出物ラハル凝灰角レキ岩(凝灰角礫岩)

コラの関連情報