コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネフェリン nepheline

1件 の用語解説(ネフェリンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ネフェリン【nepheline】

鉱物名。カスミ(霞)石ともいう。化学成分は(Na,K)AlSiO4で,KAlSiO4は25mol%まで含む。六方晶系に属し,六角または十二角柱状結晶となるが,粒状や塊状であることが多い。白色,灰色,淡褐色,まれに無色でガラス光沢がある。比重2.56~2.67,モース硬度5.5~6。アルカリ火成岩の特徴的な造岩鉱物の一種でカスミ玄武岩,カスミ石セン長岩などの岩石に長石類とともに産出する。国内ではその産出はまれであるが,島根県浜田地方の海岸に分布する玄武岩中に存在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ネフェリンの関連キーワードモル分率煙客煙景化学組成エイエフエム図エイケイエフ図クーフォライト等化学系霞石バサン岩賀寿美

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone