コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネフェリン nepheline

世界大百科事典 第2版の解説

ネフェリン【nepheline】

鉱物名。カスミ(霞)ともいう。化学成分は(Na,K)AlSiO4で,KAlSiO4は25mol%まで含む。六方晶系に属し,六角または十二角柱状結晶となるが,粒状塊状であることが多い。白色,灰色,淡褐色,まれに無色でガラス光沢がある。比重2.56~2.67,モース硬度5.5~6。アルカリ火成岩の特徴的な造岩鉱物の一種でカスミ石玄武岩,カスミ石セン長岩などの岩石に長石類とともに産出する。国内ではその産出はまれであるが,島根県浜田地方の海岸に分布する玄武岩中に存在する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ネフェリンの関連キーワードカンプトナイト質モンチク岩シュードリューサイト響岩ネフェリンソーダライトチングア岩メリライトアンカラト岩フォイア岩アプライトソーダライト岩石系列エセックサイト輝緑岩ネフェリン微閃長岩ノゼアン白榴石響岩ネフェリニトイド灰霞石チングア岩ギーセカイト斑岩ネフェリノライトオルソフォナイトクレイグモント岩方曹達石閃長岩グッダーライトイッシンドラ岩グアルディア岩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android