コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イイジマフクロウニ Asthenosoma ijimai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イイジマフクロウニ
Asthenosoma ijimai

棘皮動物門ウニフクロウニ目フクロウニ科。大型でが軟らかいウニ。殻は直径 13cm,高さ 4cm内外で上下に扁平。各殻板の結合が十分でないために殻全体が軟らかい。反口側は濃赤褐色の地に鮮明な白色帯をもち,先端部が白い大型のとげで密におおわれる。口側の大棘はかなり太く,先端は彎曲し,細長い白色体をもつ。大棘の間には白色体をもった小棘がある。歩帯と間歩帯の中心帯域の表皮に赤褐色ないし赤紫色の斑点がある。とげの基部毒腺があるので素手でつかむのは危険である。相模湾以南に分布し,水深8~120mの海底にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のイイジマフクロウニの言及

【ウニ(海胆)】より

…ラッパウニは叉棘がらっぱ状に開いていて,毒液を分泌する。イイジマフクロウニなどのフクロウニ類にも強い毒があり,とげにさわると腕が麻痺してしまう。一般にくぼんだ場所や石の下などに隠れるが,餌をとりにはい出した後は再び元の場所に帰る。…

【フクロウニ(袋海胆)】より

…一般に口の反対側には細い毒棘があり,口側には短く太い大棘が並んでいる。 フクロウニ属の3種類の中のイイジマフクロウニAsthenosoma ijimaiは革袋状の毒ウニとして有名で,とげにふれると危険である。相模湾以南に分布し,水深20~100mに産する。…

※「イイジマフクロウニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android