素手(読み)スデ

デジタル大辞泉の解説

す‐で【素手】

手に何も持っていないこと。徒手(としゅ)。「素手で敵に立ち向かう」「素手でボールをとる」
所持品や土産物などが何もないこと。てぶら。からて。「素手では訪問しにくい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すで【素手】

手に何も持っていないこと。特に、武器などを持っていないこと。徒手。 「 -で立ち向かう」
所持するものがないこと。てぶら。 「国へ帰へると言つてもまさかに-でも往かれまい/浮雲 四迷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

す‐で【素手】

〘名〙
① 手に何も持っていないこと。手に何もつけていないこと。徒手空手。てぶら。
※応永本論語抄(1420)述而第七「若、す手にて虎をうち、舟なふして河を渡て」
② 所持品やみやげ物などが何もないこと。てぶら。
※俳諧・二息(1693)「素手で行入聟妻の気一ッぱい」
③ 何もしないでただそのままの状態であること。尋常。
※歌舞伎・油商人廓話(1803)序「イヤその杯、素手(スデ)では受けられぬわいなア」

そ‐しゅ【素手】

〘名〙
① 白い手。美人の手をいう。
※経国集(827)一三・奉和搗衣引〈惟氏〉「随風揺颺羅袖香、暎月高低素手凉」 〔古詩十九首‐其十〕
② 武器を手に持っていないこと。また、金を持っていないこと。空手。すで。
※改正増補和英語林集成(1886)「Soshunite(ソシュニテ) イデユク」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

素手の関連情報