コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスカル川 イスカルがわIskǔr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスカル川
イスカルがわ
Iskǔr

古代名オエスクス Oescusまたはオスキオス Oskios。ブルガリア最長の川で,リラ山系北面,サモコフの南方に源を発し,ほぼ南から北に流れ,バルカン山脈を横断して,ニコポル西方でドナウ川に注ぐ。全長 368km。ソフィア南東にある上流域の水力発電用の人造湖イスカルは観光行楽地として有名。ほかにパンチャレボ,ベリイスカルなどのダムが建設されている。沿岸の主要都市はサモコフ,ソフィア,ノビイスカル,メズドラなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イスカル川の関連キーワードムサラ山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android