コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イッテンコクガ いってんこくが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イッテンコクガ

ツヅリガ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イッテンコクガ
いってんこくが / 一点穀蛾

昆虫綱鱗翅(りんし)目メイガ科のツヅリガの別名。雌の前ばねの中央に顕著な一黒紋があるので、この名がある。幼虫は貯穀、とくに米を食べる害虫として有名である。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイッテンコクガの言及

【ツヅリガ(綴蛾)】より

…分布が広いのは食料とともに各地へ運ばれるためである。イッテンコクガ(一点穀蛾)という和名もある。【井上 寛】。…

※「イッテンコクガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android