イツェホー(英語表記)Itzehoe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツ北部,シュレースウィヒホルシュタイン州の小都市。ホルシュタイン丘陵の南端部に位置する。 810年にカルル大帝がステール川の湾曲部に城を構えてから集落発達。 1238年,都市権を得た。 1657年にスウェーデン軍により市街地を破壊されたため,市庁舎,聖堂など由緒ある建物には,17世紀末~18世紀の後期バロック様式のものが多い。郡の行政中心地であり,セメント繊維,紙加工,ポンプ製造,印刷などの工業が立地する。人口3万 3800 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android