イツ・あふれる(漢字)

普及版 字通「イツ・あふれる(漢字)」の解説


13画

[字音] イツ
[字訓] あふれる

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(益)(えき)。〔説文〕十一上に「滿つるなり」とあり、盤上に水のれる形。

[訓義]
1. あふれる、あまる。
2. 器中にみちる、没する、過ぎる、さかん。
3. 謐に通じて、しずか、やすんずる。

[古辞書の訓]
名義抄 アフル・コボル・コボス・アマル・ミツ・アツマル・イタス

[声系]
字源に、水の形と縊糸の形との両系があり、声義ともに異なる。は滋益の意。声の字のうち・縊・などは、縊糸のに従うものであるが、〔説文〕はすべて水の形に誤っている。

[語系]
jiek、jiengは同系の語。盈は盤中に人の浴する形で、そのため水が盈満する意。は坐する人の側身形で、膝のところがもり上がっている形。

[熟語]

[下接語]
・盈・横・外・驕・奢・声・羨・増・漲・美・飄・放・豊・旁・暴・満・踰・洋・涌・流

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android