イツ・あふれる(漢字)

普及版 字通 「イツ・あふれる(漢字)」の読み・字形・画数・意味


13画

[字音] イツ
[字訓] あふれる

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(益)(えき)。〔説文〕十一上に「滿つるなり」とあり、盤上に水のれる形。

[訓義]
1. あふれる、あまる。
2. 器中にみちる、没する、過ぎる、さかん。
3. 謐に通じて、しずか、やすんずる。

[古辞書の訓]
名義抄 アフル・コボル・コボス・アマル・ミツ・アツマル・イタス

[声系]
字源に、水の形と縊糸の形との両系があり、声義ともに異なる。滋益の意。声の字のうち・縊・などは、縊糸のに従うものであるが、〔説文〕はすべて水の形に誤っている。

[語系]
jiek、盈jiengは同系の語。盈は盤中に人の浴する形で、そのため水が盈満する意。は坐する人の側身形で、膝のところがもり上がっている形。

[熟語]

[下接語]
・盈・横・外・驕・奢・充・声・羨・増・漲・美・飄・富・放・豊・旁・暴・満・踰・余・洋・涌・流

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android