字訓(読み)じきん

精選版 日本国語大辞典 「字訓」の意味・読み・例文・類語

じ‐きん【字訓】

〘名〙
① 字を教えること。〔文明本節用集(室町中)〕
日葡辞書(1603‐04)「Iiqin(ジキン)。ジヲ ヲシユル」
※かた言(1650)一「此字訓(ジキン)に付て、説々侍るべけれど、先一儀を申さば」

じ‐くん【字訓】

〘名〙 日本語としての漢字の読みの一種。その字の意味にあたる日本語が、中国語を受けた読み方とは別の読み方として、固定したもの。じきん。訓。
※古活字本毛詩抄(17C前)一六「順がしたも字訓にちがうたぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「字訓」の意味・読み・例文・類語

じ‐くん【字訓】

漢字の日本語としての読み。その字の意味にあたる日本語が読み方として固定したもの。「耳」を「みみ」、「目」を「め」と読む読み方。訓。⇔字音

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「字訓」の解説

字訓

平凡社発行の辞典。1987年刊行。白川静著。古代和語がどの漢字であらわされたかを検討し、和語の意味と語意識を探る。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

普及版 字通 「字訓」の読み・字形・画数・意味

【字訓】じくん

よみ。

字通「字」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android