字訓(読み)じきん

精選版 日本国語大辞典「字訓」の解説

じ‐きん【字訓】

〘名〙
を教えること。〔文明本節用集(室町中)〕
※日葡辞書(1603‐04)「Iiqin(ジキン)。ジヲ ヲシユル」
※かた言(1650)一「此字(ジキン)に付て、説々侍るべけれど、先一儀を申さば」

じ‐くん【字訓】

〘名〙 日本語としての漢字の読みの一種。その字の意味にあたる日本語が、中国語を受けた読み方とは別の読み方として、固定したもの。じきん。訓。
※古活字本毛詩抄(17C前)一六「順がしたも字訓にちがうたぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「字訓」の解説

じ‐くん【字訓】

漢字の日本語としての読み。その字の意味にあたる日本語が読み方として固定したもの。「耳」を「みみ」、「目」を「め」と読む読み方。訓。⇔字音

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「字訓」の解説

字訓

平凡社発行の辞典。1987年刊行。白川静著。古代の和語がどの漢字であらわされたかを検討し、和語の意味と語意識を探る。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android