コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトゴカイ イトゴカイCapitellidae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イトゴカイ
Capitellidae

環形動物門多毛綱定在目イトゴカイ科に属する種類の総称。体は糸状で細長く,体長1~30cm,体節数 70~150。体表面に毛細血管が張りめぐらされているため,体は紅色をしている。頭部,胸部,腹部の3部に分れている。胸部は9~19節。疣足 (いぼあし) はあまり発達せず,非常に細い針状剛毛と鉤状剛毛をもっている。体後部に糸状の鰓をもつ種類もある。一般に海岸の有機質の多い砂泥底中にすみ,特に本科の1種 Capitella capitataは環境汚濁の指標種とされている。日本に約 20種が知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone