コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指標種 シヒョウシュ

デジタル大辞泉の解説

しひょう‐しゅ〔シヘウ‐〕【指標種】

特定の環境条件を成育に必要とする生物の種類。環境条件や環境汚染の程度を知るめやすになる。環境指標種指標生物。→生物指標

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の指標種の言及

【指標生物】より

…そのような生物を指標生物というが,移動量の大きい動物よりも定着生活をする植物のほうが典型的に環境を指標する例が多いことから,指標植物indicator plantがとり上げられることが多い。このように特定の種が環境を指標する場合,その生物を指標種と限定することがあるが,特定の種だけでなく,群落などが環境を指標することがあり,広義にはそれらを含めて指標生物という。 たとえば温帯を指標する植物としてブナが典型的なものであるが,特定の植物群で温帯の指標植物の例にあげられるものに,オオバショリマやシラネワラビなどのシダ類の例もある。…

※「指標種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

指標種の関連キーワードヘラガタヤムシ(篦形矢虫)ミジンウキマイマイフジミドリシジミエンガンヤムシイヨスダレガイチヨノハナガイフクラヤムシプランクトンカイアシ類キタヤムシイトゴカイシズクガイ指標動物ヤムシ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android