疣足(読み)いぼあし(英語表記)parapodium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

疣足
いぼあし
parapodium

環形動物の各体節の側面にある1対の葉状突起。背腹2枝に分れる。剛毛棘をそなえ,遊泳匍匐 (ほふく) のための運動器官として働くほか,糸状突起は感覚器官として働く。また内部には血管が密集し,重要な呼吸器官でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いぼ‐あし【×疣足】

ゴカイ類の歩行器官。各体節の両側に一対ずつあり、剛毛の束をもつ。この下方に排泄口(はいせつこう)をもつものもある。
ナマコの背にある、とげ状の突起。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いぼあし【疣足】

環形動物の各体節の側面に対をなすひだのような突起。運動器官・感覚器官・呼吸器官を兼ねる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android