コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疣足 いぼあしparapodium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

疣足
いぼあし
parapodium

環形動物の各体節の側面にある1対の葉状突起。背腹2枝に分れる。剛毛棘をそなえ,遊泳匍匐 (ほふく) のための運動器官として働くほか,糸状突起は感覚器官として働く。また内部には血管が密集し,重要な呼吸器官でもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いぼ‐あし【×疣足】

ゴカイ類の歩行器官。各体節の両側に一対ずつあり、剛毛の束をもつ。この下方に排泄口(はいせつこう)をもつものもある。
ナマコの背にある、とげ状の突起。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いぼあし【疣足】

環形動物の各体節の側面に対をなすひだのような突起。運動器官・感覚器官・呼吸器官を兼ねる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

疣足の関連キーワードニホンコガネウロコムシオトヒメゴカイニセクロナマコジャノメナマコタマシキゴカイトラフナマコオヨギゴカイバイカナマコムカシゴカイイトゴカイフサゴカイフジナマコクロナマコユメナマコアカムシ環形動物吸口虫類ジャムシ舌形動物マナマコ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android