疣足(読み)いぼあし(英語表記)parapodium

  • ×疣足

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環形動物の各体節の側面にある1の葉状突起腹2枝に分れる。剛毛棘をそなえ,遊泳,匍匐 (ほふく) のための運動器官として働くほか,糸状突起は感覚器官として働く。また内部には血管が密集し,重要な呼吸器官でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゴカイ類の歩行器官。各体節の両側に一対ずつあり、剛毛の束をもつ。この下方に排泄口(はいせつこう)をもつものもある。
ナマコの背にある、とげ状の突起。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

環形動物の各体節の側面に対をなすひだのような突起。運動器官・感覚器官・呼吸器官を兼ねる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 環形動物、多毛類の各環節の両側に生じている肉質突起。移動に役立つほか、毛細血管によるガス交換や卵の保存場所になる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android