イロロ(英語表記)Ishige foliacea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イロロ
Ishige foliacea

褐藻類ナガマツモ目イシゲ科。藻体は革質,数回二叉に分れた葉状をなし,基部は円柱状となる。波があまり荒くない潮間帯の岩石上に固着する。長さ 20cmに達する。しばしば大群落となる。イシゲ,イワヒバなどとともに本州の太平洋側中部潮間帯中位の代表的帯状群落形成藻として知られる。朝鮮半島,中国沿岸にも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

海藻海草標本図鑑の解説

イロロ

からだは叉状に数回分岐した薄く平たい膜状で,扇形に広がる。潮間帯の上部に近縁のイシゲと混生し,干出すると黒みをおびるが,潮が満ちて海水に浸ると 元の形に戻り,色も褐色になる。基部近くでは円柱状で,時にイシゲの上に着生するため,同種ではないかと疑われたこともあった。皮層には色素体を持った小さな球形から楕円形の細胞が数層並び,髄層には糸状細胞が密に見られる。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典内のイロロの言及

【イシゲ(石毛)】より

…海水中に浸っているときは褐色であるが,干潮時には長時間空中に露出して乾き,黒色がかる。似た種類に体が葉状のイロロI.sinicola (Setch.et Gardn.) Chiharaがある。潮間帯の同一帯位に生育しときどきイシゲの体上に生えるので同一種とみられたこともあったが,生殖や発生の研究から現在では両者は別種とされている。…

※「イロロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android