コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イロン方言 イロンほうげんIron dialect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イロン方言
イロンほうげん
Iron dialect

カフカス地方で話されるオセト語東部方言オセチヤ人の多数がこの方言を用い,書き言葉もこれに基づいている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のイロン方言の言及

【オセット語】より

…ロシア連邦の北オセティア共和国,およびグルジア共和国南オセティア自治州で約50万人(1976)に話されているイラン語派東部グループの言語。主要な方言は,大多数が話す東部のイロンIron方言,および古形をよく保存している西部のディゴルDigor方言の二つである。オセット語の起源は,古代のサカ(スキタイ)人,中世カフカス地方のアランAlan人の言語に求められ,19世紀以来の文学的伝統をもっている。【熊本 裕】…

※「イロン方言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報