コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インスリンレセプター

栄養・生化学辞典の解説

インスリンレセプター

 インスリン受容体ともいう.広く細胞膜に分布し,α2β2のヘテロ4量体を形成している.ヒトのインスリンレセプターのαアミノ酸719,分子量82400,β鎖はアミノ酸620個で分子量69700.α鎖が細胞膜の外側にあり,ジスルフィド結合で結合したβ鎖が膜を貫通している.α鎖にインスリンが結合するとβ鎖のチロシンリン酸化が誘導され,信号伝達が行われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

インスリンレセプターの関連キーワードホスファチジルイノシトール3インスリンレセプター基質インスリン受容体基質インスリン抵抗性チロシンキナーゼホスホチロシン腫瘍壊死因子自己リン酸化ドメイン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android