コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インタレスト・カバレッジ interest coverage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インタレスト・カバレッジ
interest coverage

企業の利子収入および法人税控除前の利益が負債の利子支払額の何倍であるかを示す比率で,利子収入+法人税控除前利益/支払利子額で算定される。利子援護率ともいい,この値が大きいほど利息に対する支払い能力は大きく,また,企業は借り入れ余力を持っていると判定される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

インタレスト・カバレッジ

支払利息など、企業が負っている支払い義務の重さの程度を表す指標。会社の経営分析を行う際には、短期支払能力(流動性)、長期的安定性(安全性)、利益の獲得状況(収益性)、伸び率(成長性)、事業の効率の良さ(生産性)などを見るための様々な指標(財務比率)がある。この中で、短期支払能力を見るには、流動比率(流動資産÷流動負債)、当座比率(当座資産÷流動負債)などが知られているが、いざ返済義務のある資金を返済しようとなると、より実際的には支払利息がその対象となる。一方その支払いに充てられるのは営業利益である。そこで、企業のいざという時の支払能力を表すものとして、会社が利息の何倍の利益を上げているかを示すインタレスト・カバレッジが、有効な指標とされている。その定義は、(営業利益+受取利息・配当金)÷(支払利息・割引料)。これが高いほど会社の短期支払能力は高いことになる。04年の製造業のインタレスト・カバレッジは17.74であり、02年の10.69から大きく向上している。

(小山明宏 学習院大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

世界大百科事典内のインタレスト・カバレッジの言及

【証券分析】より

…社債の場合には,社債発行企業の元利支払能力をみることが重要である。一般的にインタレスト・カバレッジと称される指標,すなわち金利支払に使われる金利支払前税引前利益が支払金利の何倍あるかを示すもので測定される。株式投資【三国 陽夫】。…

※「インタレスト・カバレッジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android