余力(読み)よりょく

精選版 日本国語大辞典「余力」の解説

よ‐りょく【余力】

〘名〙 った力。まだ他のことをなし得る力。ゆとり。余裕。
※性霊集‐二(835頃)大唐青龍寺故三朝国師碑「毗尼密蔵、呑并余力」
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉下「然し次男を東京へ修業に出す程の余力(ヨリョク)があったか何うか知りません」 〔論語‐学而〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「余力」の解説

【余力】よりよく

余分の力。〔論語、学而〕ひて餘力らば、則ち以てを學べ。

字通「余」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android