コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インディクチオ indictio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インディクチオ
indictio

ローマ元首政 (プリンキパツス ) 期には軍隊,宮廷用の食糧物資,衣料などの強制購入を意味した言葉。しかし3世紀頃物価上昇などで廃止され,ディオクレチアヌス帝 (在位 284~305) のときから,財務官 (クアエストル ) によって徴収される物納課税をさすにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android