コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インディクチオ indictio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インディクチオ
indictio

ローマ元首政 (プリンキパツス ) 期には軍隊,宮廷用の食糧物資,衣料などの強制購入を意味した言葉。しかし3世紀頃物価上昇などで廃止され,ディオクレチアヌス帝 (在位 284~305) のときから,財務官 (クアエストル ) によって徴収される物納課税をさすにいたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android