インナーフォーカス(読み)いんなあふおおかす,いんなーふぉーかす

カメラマン写真用語辞典「インナーフォーカス」の解説

インナーフォーカス

英語の Inner Focus 。とくに オートフォーカス レンズに用いられる技術のひとつ。モーターによってレンズを前後に動かしてピント合わせをするAFレンズは、レンズの重さがフォーカシングスピードを左右する。これを解消するために、比較的大きいレンズで構成される前部は動かさずに、中間部あるいは後部の比較的小さなレンズを動かしてフォーカシングスピードを上げる手法が採られる。これをインナーフォーカス ( インターナルフォーカス あるいは リアフォーカス ) 方式と呼ぶ。  その他にメリットとして、フォーカシングしてもレンズ長が変わらないこと、重心移動が少なくバランスが安定していること、レンズ全体をコンパクトにしやすいこと、レンズ前玉が回転しないために PLフィルター 操作への影響が少ないことなどが挙げられる。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「インナーフォーカス」の解説

インナー‐フォーカス(inner focus)

インナーフォーカシング

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android