インナーフォーカス(読み)いんなあふおおかす,いんなーふぉーかす

カメラマン写真用語辞典「インナーフォーカス」の解説

インナーフォーカス

英語の Inner Focus 。とくに オートフォーカス レンズに用いられる技術のひとつ。モーターによってレンズを前後に動かしてピント合わせをするAFレンズは、レンズの重さがフォーカシングスピードを左右する。これを解消するために、比較的大きいレンズで構成される前部は動かさずに、中間部あるいは後部の比較的小さなレンズを動かしてフォーカシングスピードを上げる手法が採られる。これをインナーフォーカス ( インターナルフォーカス あるいは リアフォーカス ) 方式と呼ぶ。  その他にメリットとして、フォーカシングしてもレンズ長が変わらないこと、重心移動が少なくバランスが安定していること、レンズ全体をコンパクトにしやすいこと、レンズ前玉が回転しないために PLフィルター 操作への影響が少ないことなどが挙げられる。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android