ぴんと

精選版 日本国語大辞典「ぴんと」の解説

ぴん‐と

① 物が勢いよくはね上がったり、そり返ったり直立したりするさまを表わす語。ぴんぴん。ひんと
浄瑠璃・双生隅田川(1720)一「ぴんと反ったる髭八文字にゆるぎ出」
② とり澄まして愛想のない態度をとるさまを表わす語。つんと。ぴんしゃん。ひんと。
※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)四「ヱヱ憎らしいとぴんとする」
③ 物事をゆるみなくちゃんとやるさま、姿勢がしっかりとしているさまを表わす語。
※咄本・無事志有意(1798)地口好「もっとぴんと揉めといふゆへ」
④ 錠などをしっかりと掛ける音を表わす語。
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)中幕「心にぴんと錠前を」
⑤ 糸などをまっすぐに強くるさま、布などにゆるみがないさまを表わす語。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「をぴんと張った客浴衣」
⑥ 心に強く感じるさま、すぐにさとるさまを表わす語。→ぴんと来る
※善財(1949)〈石川淳〉一「航海のたびかさなるにつれて、負いくさ、いよいよぴんと応(こた)へた」
⑦ 下落した相場が少し上向きになるさまを表わす語。
[補注]①②については「ひんと」の形も見え、清濁判然としないが、一応別項に扱った。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ぴんと」の解説

ぴん‐と

[副]
物が勢いよくはね上がったり、反り返ったりするさま。「計器の針がぴんと上がる」「ぴんと反ったカイゼルひげ
姿勢がしっかりとしているさま。「背筋をぴんと伸ばす」
ゆるみなく、まっすぐに張るさま。「綱をぴんと張る」
直観的にそれと感じとるさま。見聞きしてすぐにわかるさま。「態度を見てぴんときた」「説明を聞いても、もう一つぴんとこない」
[類語](2凜凜りりしいきりっとりんぱりぱりぱりっと/(4感ずる思うさと感じ取る実感する感得する感受する感知する直感する直覚する予感する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android