コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーモラ Imola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーモラ
Imola

イタリア北部,エミリアロマーニャ州ボローニャ県の都市。ボローニャ南東約 35kmにある。付近には古代ローマの土地区画 (ケンツリア) の跡が残る。建造物にはピギニ (13世紀) ,セルサンティ,カルデルニおよびデラボルプ (以上 15世紀) などの館があり,聖堂には 1430年のゴシック様式の正門をもつ聖ドメニコ,1180年のロマネスク様式鐘塔をもつサンタ・マリア聖堂や聖カシアノ聖堂がある。レオナルド・ダ・ビンチによるイーモラの地図がイギリスのウィンザー城に保存されている。農業機械,セメント,ガラス製陶業があり,イチゴ栽培が盛ん。人口6万 1700 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イーモラの関連キーワードフォンタナ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android