コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルナー岩 ウェルナーがんwernerite

岩石学辞典の解説

ウェルナー岩

粗粒で長石と角閃石から成る岩石ピンカートンが命名したもの[Pinkerton : 1811].閃緑岩ではないかと考えられる[Tomkeieff : 1983].ウェルナー(A. G. Werner)を記念して命名されたが,近年はスカポライト類の鉱物名として使われており,岩石名には使用されない.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

ウェルナー岩の関連キーワード粗粒

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android