コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンカートン ピンカートンPinkerton, Allan

2件 の用語解説(ピンカートンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピンカートン
ピンカートン
Pinkerton, Allan

[生]1819.8.25. グラスゴー
[没]1884.7.1. シカゴ
アメリカの探偵で有名なピンカートン私立探偵社の創設者。 1842年渡米,シカゴに住みつき,46年以後,ケイン郡とクック郡の副保安官をつとめ,やがてシカゴ警察に入った。 50年シカゴ警察をやめて私立探偵社を設立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピンカートン【Allan Pinkerton】

1819‐84
アメリカの私立探偵。スコットランドのグラスゴーに生まれ,1842年アメリカへ移住。シカゴの近くで,桶・樽製造に従事していたが,偶然にせ札作りの一味を捕らえ,保安官の仕事に関係するに至った。50年には,シカゴ警察の探偵となり,同時に私立探偵事務所(Pinkerton National Detective Agency)を設立。これはアメリカで最初のものといわれる。おもに列車強盗に関する事件を手がけたが,そのつながりで,リンカン大統領暗殺計画を知り,その命を救ったこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のピンカートンの言及

【蝶々夫人】より

…アメリカの作家ロングJohn Luther Long(1861‐1927)が,明治中期の長崎を舞台に書いた小説《蝶々夫人》(1898)を,D.ベラスコが戯曲化したものに基づいている。長崎に寄港したアメリカの海軍士官ピンカートンと結婚した芸者〈蝶々さん〉は,帰国したピンカートンが戻るのを子どもとともに待っている。3年後にピンカートンは夫人を伴って訪れ,裏切られたと知った蝶々さんは子どもを残し自害する。…

※「ピンカートン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ピンカートンの関連キーワードおらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一閃緑岩粗粒玄武岩人情本バジードー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピンカートンの関連情報