ウェルニッケ(英語表記)Carl Wernicke

世界大百科事典 第2版の解説

ウェルニッケ【Carl Wernicke】

1848‐1905
ドイツの精神神経病学者。ブレスラウ大学卒,1885年同大学精神神経科教授,1904年ハレ大学教授となったが,05年自転車事故で死亡した。精神病は脳病であるという立場の器質論者であり,W.グリージンガーの流れをくむマイネルトT.MeynertとウェストファルC.Westphalの弟子。精神神経疾患について精神反射弓の理論(感覚→精神内界→運動)を用いて研究し,脳病変の局在学を重視した。失語症の分類図式(ウェルニッケ=リヒトハイムの図式)を作り,感覚失語の病巣(左側頭葉ウェルニッケ中枢)を決定した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウェルニッケの言及

【機能局在】より

… 機能局在を研究する第1の方法は臨床神経心理学で,脳に限局した病変のある患者の症状から,ある場所の機能を推定する方法である。この方法でウェルニッケC.Wernickeは感覚性言語野を発見し(1874),書字,読字,計算などの中枢が明らかになった。また,さまざまな失語症や失行症の研究によって認識や行為の機能局在が明らかとなり,クライストK.Kleistはこれによる詳細な機能地図を作ったが(1934),モナコフC.von MonakowやゴルトシュタインK.Goldsteinらはこれに強く反対した。…

【機能局在】より

… 機能局在を研究する第1の方法は臨床神経心理学で,脳に限局した病変のある患者の症状から,ある場所の機能を推定する方法である。この方法でウェルニッケC.Wernickeは感覚性言語野を発見し(1874),書字,読字,計算などの中枢が明らかになった。また,さまざまな失語症や失行症の研究によって認識や行為の機能局在が明らかとなり,クライストK.Kleistはこれによる詳細な機能地図を作ったが(1934),モナコフC.von MonakowやゴルトシュタインK.Goldsteinらはこれに強く反対した。…

※「ウェルニッケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウェルニッケの関連情報