コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルニッケ Carl Wernicke

1件 の用語解説(ウェルニッケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウェルニッケ【Carl Wernicke】

1848‐1905
ドイツの精神神経病学者。ブレスラウ大学卒,1885年同大学精神神経科教授,1904年ハレ大学教授となったが,05年自転車事故で死亡した。精神病は脳病であるという立場の器質論者であり,W.グリージンガーの流れをくむマイネルトT.MeynertとウェストファルC.Westphalの弟子。精神神経疾患について精神反射弓の理論(感覚→精神内界→運動)を用いて研究し,脳病変の局在学を重視した。失語症の分類図式(ウェルニッケ=リヒトハイムの図式)を作り,感覚失語の病巣(左側頭葉,ウェルニッケ中枢)を決定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のウェルニッケの言及

【機能局在】より

… 機能局在を研究する第1の方法は臨床神経心理学で,脳に限局した病変のある患者の症状から,ある場所の機能を推定する方法である。この方法でウェルニッケC.Wernickeは感覚性言語野を発見し(1874),書字,読字,計算などの中枢が明らかになった。また,さまざまな失語症や失行症の研究によって認識や行為の機能局在が明らかとなり,クライストK.Kleistはこれによる詳細な機能地図を作ったが(1934),モナコフC.von MonakowやゴルトシュタインK.Goldsteinらはこれに強く反対した。…

【機能局在】より

… 機能局在を研究する第1の方法は臨床神経心理学で,脳に限局した病変のある患者の症状から,ある場所の機能を推定する方法である。この方法でウェルニッケC.Wernickeは感覚性言語野を発見し(1874),書字,読字,計算などの中枢が明らかになった。また,さまざまな失語症や失行症の研究によって認識や行為の機能局在が明らかとなり,クライストK.Kleistはこれによる詳細な機能地図を作ったが(1934),モナコフC.von MonakowやゴルトシュタインK.Goldsteinらはこれに強く反対した。…

※「ウェルニッケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウェルニッケの関連キーワードクレペリン時代精神西ドイツ神経病精神科精神神経症統一ドイツフリードライヒ失調症榊俶宮田光雄(2)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウェルニッケの関連情報