ウォストーク基地(読み)うぉすとーくきち(英語表記)Vostok Station

日本大百科全書(ニッポニカ)「ウォストーク基地」の解説

ウォストーク基地
うぉすとーくきち
Vostok Station

南極氷床上の南緯78度28分、東経106度48分にあるロシア連邦の観測基地。標高3488メートル。1957年12月16日に開設され、気象、超高層物理、地磁気、雪氷、人体生理の観測を続けている。開設以来、夏期の隊員は年平均25名、越冬隊員は年平均13名。氷床の深層掘削を行っており、1982年6月に約2000メートルに達した。83年7月21日に、地球表面での最低気温零下89.2℃を記録した。

 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android