ウォッシュボード

百科事典マイペディアの解説

ウォッシュボード

米国の体鳴楽器洗濯板のぎざぎざの表面をくぎ,フォーク,裁縫用の指抜きなどでこすり,大きな音の歯切れよいリズムを刻む。1930年代に黒人のウォッシュボード・バンドやジャズ・バンドで広く用いられた。現在ではブルース歌手の伴奏によく用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android