コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体鳴楽器 たいめいがっきidiophone

5件 の用語解説(体鳴楽器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

体鳴楽器
たいめいがっき
idiophone

ホルンボステル=ザックス楽器分類法の一分類用語。いわゆる打楽器のうちで太鼓類 (膜の張ってある楽器〈膜鳴楽器〉) を除いた全種類をさす。さらに奏法によって,打合される楽器 (カスタネットシンバル拍子木クラベス) ,打鳴らす楽器 (ゴング類,木琴類,鐘類) ,踏鳴らす楽器 (板,壺,スリットドラム) ,つき鳴らす楽器 (棒,筒) ,振鳴らす楽器 (ガラガラ類,シストルムマラカス,アンコロン) ,すり鳴らす楽器 (グイロ,カバーサ,ささら,グラス・ハーモニカ) ,はじき鳴らす楽器 (口琴,サンザ) に大別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいめい‐がっき〔‐ガクキ〕【体鳴楽器】

それ自体の振動によって音を発する楽器の総称。打つ、振る、こする、はじく、などさまざまな奏法のものがある。木琴カスタネットなど。→打楽器

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

体鳴楽器【たいめいがっき】

楽器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たいめいがっき【体鳴楽器】

楽器の分類用語。板・棒・器などの固体を衝撃(打つ・こする)により振動させて音を発する楽器。木琴・カスタネット・マラカスなど。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

体鳴楽器
たいめいがっき
idiophone 英語 フランス語
Idiophonドイツ語

ホルンボステル‐ザックスの楽器分類法(MHS方式)で、膜や弦をもたず、楽器の物質そのものが固さと弾性とをもつことで音を出す楽器。奏法により、カスタネットなどの「打奏体鳴楽器」、サンザなどの「摘奏体鳴楽器」、グラス・ハーモニカなどの「擦奏(さっそう)体鳴楽器」、ピアノ・シャントゥールなどの「吹奏体鳴楽器」に下位分類される。[前川陽郁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の体鳴楽器の言及

【楽器】より

…このため楽器学や民族音楽学で楽器を分類する場合は,この3分法でなく,通常ホルンボステルとC.ザックスが《楽器分類学》(1914)で提唱したザックス=ホルンボステル法と呼ばれる分類法を用いる。それによると,あらゆる楽器は,まず体鳴楽器idiophones,膜鳴楽器membranophones,弦鳴楽器chordophones,気鳴楽器aerophonesの4種類に分類され,それぞれがさらに細かく分類される。しかし,この分類法にも弱点が指摘されており,ほかにさまざまな方法が考案されている。…

【打楽器】より

…革の裏面に響線を付けたもの,打面に米と墨を練り合わせたものを塗って音質に変化をつけたものなどもある。 分類方法もさまざまだが大部分の打楽器は体鳴楽器と膜鳴楽器に分類できる。(1)体鳴楽器 楽器自体の振動によって音を発する。…

※「体鳴楽器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone